初心者のための注文住宅情報サイト

注文住宅を建てるなら駐輪場も

注文住宅を建てるなら駐輪場も 自転車があれば子供たちが遊びに行くのでも、親が近所まで買い物に行くのも便利ですので、一人に一台程度自転車を所有する家庭もあります。
4人家族の場合は、4台の自転車を保有することになりますので、注文住宅を建てる時には駐輪場の事も考えておくようにするといいでしょう。
駐輪場を考える時には、出来るだけ雨に濡れないようにしてもいいですので、大きなカーポートの下に置く事も出来ます。
しかし風がたくさんふく地域の場合は、カーポートの下に置いていても自転車が濡れてしまうことがあります。
注文住宅を建てる前に、風がよくふく方角を確認しておくようにし、カーポートの中まで雨が吹き込んでこない場所を選ぶ必要があります。
雨に自転車が濡れないようにカーポートを設置したというのに、風によって雨が吹き込んでくるようでは意味がありませんので、敷地内のどこに作るかをよく考えるようにしましょう。
出来るだけとめている場所からすぐに出かけられる場所にするのも大事です。

注文住宅を依頼する時に駐車場のことを考えよう

注文住宅を依頼する時に駐車場のことを考えよう 注文住宅を依頼する時に、駐車場にどのくらいのスペースを要するのかということは事前に考えておくべきことです。どのように車を駐車するのかによって住宅そのものにも大きな影響を与えるからです。
まずは車のサイズがどのくらいなのかを把握しましょう。サイズを把握する時には全長と全幅、全高の3点を計測するべきです。目安として小型の普通乗用車であれば、全長が4500mm、全幅が1680mm、全高が1500mmです。今乗っているサイズをベースにして設計をするのではなく、将来的に乗りそうな車種分で見積もったほうが間違いありません。
駐車場の止め方として直角に駐車するケースと並列に駐車するケース、縦列に駐車するケースの3つがあります。どちらかのケースにしても、どういう形で駐車をするのか、車の切り返しの負担はそれほどないのかなどをシミュレーションする必要があるでしょう。車が止めにくい形で注文住宅を設計してしまうと、かえって使いにくいということにもなりかねないです。