初心者のための注文住宅情報サイト

外構は予算の段階から考えておこう

外構は予算の段階から考えておこう 注文住宅を建てるというときには家の間取りや内装、設備、外観などをどうしたらよいのか考えるのに一生懸命になってしまう物ですが、家の庭や駐車場、塀や門などの外構も考えておくことがおすすめです。注文住宅では決めなければいけないことがたくさんあるので、外回りについては後回しにしてしまう人もいるのですが、外回りを整えておくことで家がワンランクグレードアップして見えるため、新築の時に同時に完成させることをおすすめします。

注文住宅の外構は家のイメージと合わせてトータルコーディネートすることができるため、素敵な仕上がりになりますし、後回しにしてしまうとタイミングを見つけることができなくなってしまうことも多いので、予算の段階から考えておきましょう。一般的に外回りの予算は、注文住宅の場合総額の一割程度と言われています。後から用意するのは大変になるので、最初から予算に入れておくことで、後から予算が足りなくなることが無く、外回りも美しく整えることができます。

駐車場も自由に作りたいのなら注文住宅がいい

駐車場も自由に作りたいのなら注文住宅がいい 注文住宅の魅力的なところは、間取りを全て自分達で決めることができる点です。もちろん、敷地をどのように使って家を建てるかどうか決めるのも注文住宅では自由になります。建売住宅では、一般的に駐車場は1台分だけ用意されているのが一般的です。しかし、家族構成はもちろん地域によってどのような車を使うかは様々です。車のためのスペースが必要ない人もいれば、2台以上確保したいという人たちもいるでしょう。庭にそのままスペースを設けるなら、建売を購入した後でも問題ありません。

ただ、屋根をつけたい時や住宅の地下部分をスペースとして利用したいとなると最初に建てる時点で計画していかないとダメです。車を複数台持ち、駐車場にこだわりを持ちたいのなら注文住宅がお勧めです。また、注文する際には間取りだけでなく車のことについても設計士によく伝えるようにしてください。設計をする段階なら、色々な形でスペースを確保することが可能になります。