初心者のための注文住宅情報サイト

ガレージも自由に作ることができる

ガレージも自由に作ることができる 注文住宅を撰ぶことのメリットの一つはガレージを自由に設計できることです。建て売り住宅では一台、もしくは二台分しか駐車できないことが多いようですが、注文住宅では家族の数に合わせて駐車するスペースを広げることができます。
今は一台分の駐車で十分でも、子どもが大きくなって車を購入することを考えてその場所を確保しておくことや、また仕事で車を使う場合、仕事用のものとプライベートで使うものの両方を駐めておくことができるのも便利な点です。車だけでなくバイクや自転車を駐める場所を加えたり、工具などを収納する棚や物置を設置することも可能ですし、ガレージの屋根やタイヤが接地する部分についても自由に考えられます。逆に全く使わないので駐めておくスペースをなくすという選択も可能になってくるのです。現在住んでいる場所、家族構成や家族の数、年齢、ライフスタイルによって自家用車をどれだけ使うかは大きく変わってきます。それだけに注文住宅で駐車スペースを自由に決められるということは大きな意味があるのです。

庭も自由にデザインすることができる

庭も自由にデザインすることができる 注文住宅は建て売り住宅と比べて、一般に建物のデザインや間取りから建築素材まで自分の好みや予算に合わせて、自由に考え、作ることができるのが特徴です。そして建物だけでなく、庭に関しても同じことが言えます。
建て売りでは既に植栽や車庫、外構など全て完成した状態で販売されるからです。敷地の中の建物以外の部分をライフスタイルや趣味に合わせてデザインすると、注文住宅を建てるメリットが一層高まってきます。たとえばアウトドアでの食事が好きならば建物にデッキを付け、外でバーベキューができるような設備を設けることや野菜作りに興味があるならばちょっとしたスペースをその目的で取っておくことなどです。また植栽を減らして複数の車を駐車させるためのガレージにすることも可能です。要するに注文住宅では建物だけでなく、敷地全体を自由に設計できるわけです。戸建ての家は建物だけでなく、それを取り囲む植栽や外構があって始めて家らしくなります。そういう意味でも注文住宅の庭は重要なポイントなのです。